×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

進学ローンの選び方

目的別ローンの一つである進学ローンには様々な種類があります。進学ローンを組む前に、奨学金などが使えないか確認しておくべきです。奨学金なら無利子で借り入れることができるのでお得な借り方です。ただし、奨学金の融資条件は厳しく、誰でも利用できるわけではありません。奨学金の対象でなければ、必然的に進学ローンを選択することになるでしょう。

進学ローンと一口に言っても様々なものがあり、その中から自分に一番合うものを探さなければなりません。民間や公的などよく調べる必要があります。金利や限度額、審査内容やその早さ、申し込み方法、借入期間や返済方法など様々な比較ポイントが進学ローンにはあります。金融機関に直接申し込むこともできますが、電話やFAXでの申し込みも可能です。

最近では、インターネットのホームページで申し込みができる金融機関もあります。最も金利の低い教育ローンを利用したいと思うならば、公的ローンがお勧めです。国民生活金融公庫の教育ローンは公的な教育ローンのうちの一つです。低金利なので、民間金融機関の教育ローンよりも返済が楽です。この他には、中央ろうきんが融資する教育ローンが比較的低金利です。

変動金利で3〜5%で、最大額は500万円ほどです。公的ローンに合うものがなければ、都市銀行の進学ローンも検討してみましょう。民間のローンは秋から春にキャンペーンを打ちだして一時的に金利を下げるところもあります。

関連サイト


社会人でも使える進学ローン

進学ローンは子どもの学費のためだけにあるものではありません。社会人の資格取得やキャリアアップにも利用できる進学ローンがあります。現代では社会人になって勉強が終わるわけではなく、長く働き続けるにも常に自分を磨き続けなければなりません。自然と教育費も必要となります。大学進学費だけでなく、専門学校や職業能力開発校の学費にも国民生活金融公庫の教育ローンは利用可能です。

要件を満たせば1人200万円までの融資を受けることができます。この進学ローンは学生以外でも利用可能で、固定金利型の10年ローンです。進学ローンには、国のものだけでなく銀行から融資が可能なものがあり、形は公的ローンとほぼ同じです。民間の教育ローンの金利は金利は年4%〜8%程度と少々高めです。しかし、その銀行の口座を持っていたり利用履歴に応じて優遇されることもあります。

限度額は300万円程度です。社会人向けの進学ローンを利用する条件には様々なものがあり、国民生活金融公庫の場合は定収入のある正社員でなければなりません。正社員でない人、例えばパートやアルバイトは国民生活金融公庫を利用できません。学生本人の申請も認められません。社会人が進学ローンを使いたいと思ったら、会社を辞める前に申し込んでおく必要があります。申し込みは、会社を辞めてからでは遅すぎます。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 進学ローン All rights reserved.
- ホームページSOS -